東京都中央区の日本橋エリアのパパたちが集まる地域コミュニティ"日本橋パパの会"です。近隣の役立つ情報を随時掲載&リアルな地域交流も開催しています。
パパ会ブログ
  • HOME »
  • パパ会ブログ »
  • 子供について

子供について

参議院選挙で子どものためにすべき2つのこと(子育て世代編)

選挙ネタです。まずは、以下をご覧ください。 若い世代の公約や制度が少ないのは投票に行かないからです。 衆院選の世代別投票率(速報)が総務省から発表されました。20代の投票率は38%、全投票者に占める割合は8%・・・。 参照:ネット選挙・投票率向上研究会   20~49歳の若年世代が1%投票を棄権すると、年間13万5000円の損となって跳ね返る・・・若年世代はこのような政治不参加のコストを認識して、世代の声が国の政策に反映されるように投票に参加する行動を起こすことが期待される 参照:若年世代が1%投票を棄権すると13万5000円損する──世代間格差、投票率にも一因・東北大 – ITmedia ニュース   ※先進国の社会保障給付金の対象の比率、日本は高齢に偏り過ぎ、、、 参照:「若年世代は 1%の投票棄権でおよそ 13 万 5 千円の損!?」(pdf)   投票率を見てみると、20代の投票率は下の通り約35%。 それに比べて60代や70代の投票率は約75%もあるんです。 政治家は当選しなければ無職になってしまいます。そのため、投票してくれる国民の意見を政策に掲げます。 若い世代への政策も掲げますが、優先順位的に60代・70代への政策が増えるんですね。 選挙に行かない20代が求める意見よりも選挙に来てくれる60代・70代の求める意見を大切にするのは当然のように思います。 私が政治家なら20代よりも、たくさん票を持っている60代・70代の為の政治を行うとでしょう。 参照:若者が選挙にいかないと若者が損をする?|年代別投票率   はい。ありがとうございます。 「若い世代は選挙に行かなくて損をする」という情報を引っ張ってきました。 これは、数字が示す事実です。そして、当然、”子育て世代の我々”も含まれます。 そして、この流れのまま行くと、愛しの我が子の世代も同じ影響を受けてしまうんです。 しかも我々よりもっと窮屈な状況になりかねない。 「それは困った!」と思ったなら!”我が子のために”今からすべきたった2つのことがあります。それは・・・   1.選挙に行く   2.子どもも連れていく   どこの党の政策、誰が信用できる、等の細かいところは二の次。 (※もちろん、興味がある方はちゃんと調べてくださいね!) まずは我々世代の投票率を上げることが先決です。 そして、このまま放っておけば必ずや起こる「我々の子ども達の世代の低投票率」を上げるための施策を今打つのです。 私は、子どもの頃に、親にくっついて選挙の投票に行っていました。 正確には、意味もわからず親に同伴させられていただけです。 特に何もすることはないし、誰に投票したとか興味ないし、自分に取って関係ないこととして、当時は何も感じていなかったのですが、いざ選挙権を持つようになると、当時のことを思い出して、「ウチの親も投票してたし、とりあえず行くか」という風になりました。 子どもに対して何か特別に語りかける必要もありません。ただひたすら、毎回選挙の投票に同伴させるだけ。 そうすれば必ずは子どもが大人になった時に選挙に行くようになるでしょう。 そしてその頃には、高齢者、我々の子ども、孫の世代のそれぞれに平等な政治が行われていることを願って。。。 いつやるの?・・・・・7月21日でしょ! はい。すみません。 それでは。

ケガの話題(会員メーリングリスト抜粋)

パパの会のメーリングリストで子供のケガの話題がありました。 一部抜粋してブログとしてアップします。 ——– 本日、うちの息子(2歳)が転んで舌を切り、歯を脱臼するという怪我をしました。 どうやら保育園の園庭で遊んでいてコケた時にすべり台にアゴを強打したようです。 家に帰ってから息子の舌をみると、舌のど真ん中に深い裂傷があり痛々しい限りでした。 幸い保育園の方ですぐにかかりつけの歯医者に行ってもらい治療をしたので 大事には至りませんでしたが、完全に治るには1か月くらいかかりそうです。 こういう事故は家庭でも十分に起こりうることなので、今回の教訓を皆様で 共有できればと思い話題を投稿した次第です。 【今回の教訓】 ・舌を切った場合は血が大量に出ますが焦らず、すぐに歯医者にいく。(かかりつけがあれば尚よし) 口腔外科とか小児科よりも歯医者がよさそうです。(理由は以下) ・歯医者では舌の怪我と歯の状態を見てもらう。 息子の場合は舌は縫うまでには至らす経過観察となりましたが、前歯の根本が脱臼してぐらついていたので テープみたいなもので両サイドの歯と固定しました。 場合によっては神経が死んだりする場合があるみたいですがこれは1か月ほど様子をみないとわからないとのこと。 神経が死んでる場合には歯が黒ずんでくるそうです。(今回はこれが一番心配) ・昼ごはんは痛がって殆ど食べなかったようですが、夕飯は痛み止めが効いているのか、腹が減ったのか、 うどんなどをちゅるちゅると少しずつ食べていました。が、硬いものや味の濃いものは痛いのか嫌がります。 補助食としてウィダーインゼリーをあげると気に入って食べてました。 ・ネットなどで調べると舌の傷は2~3日くらいで食べられるくらいには治りそうです。 ・それから親が息子につきっきりだったので兄弟がすねてしまい、こちらの扱いも大変でした。兄弟のいる方ご注意を。 以上、怪我がないに越したことはありませんが、子供達の怪我を100%防止することも出来ませんので、 万が一怪我をしてしまった場合の参考になれば幸いです。 ——– パパの会では、こういった話題の共有もしてます。 みんなで知識を共有しあえるのも良い関係ですね。

河川敷と子供達
PAGETOP
Copyright © 日本橋パパの会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.